• 弁護士による電話無料相談 フリーコール 0120011694 受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし
  • HPからのお問い合わせ
  • MENU

はじめに

まず、言わずもがなですが、配偶者から慰謝料請求をされる可能性があります。また、配偶者が、不倫相手にも慰謝料請求をする可能性があります。
次に、離婚を望まれていたとしても、自分の不倫ですから、それを理由に裁判で離婚が認められることはありません。もっとも、自分の不倫以外の理由により、認められる可能性は十分にあります。ただし、自分に不倫がない場合より高いハードルとなることは事実です。

したがって、不倫をしてしまった方が、離婚を切り出して合意を得るため為には、相応の交渉力や代償が必要です。

不倫をした場合の注意点

1. 浮気なのか本気なのか

大学生ではあるまいしそんなこと、といいたいところですが、大人になっても衝動的な行動をとってしまいがちです。
不倫相手は、たった今であったばかりの方の新鮮さで、天狗並みの下駄をはいています。そんな下駄をはいていることを忘れて、単純に配偶者と比較してはいけません。冷静になって、本当に離婚したいのか考えましょう。

2. 不倫の証拠を残さない

長期間浮気に慣れてしまっていたからか、何一つ警戒していない、わきが甘い方がおられます。
また、最近は、探偵を利用し、ラブホテルへの出入りをバッチリとって相談に来られる方が大幅に増えてきました。デジタル化が進んだために、昔のように一日中へばりつく必要がなくなったので調査する方も相当楽になり、調査費用も下がってきたことが原因でしょうか。

裁判では一般的に、やったやっていないの水掛け論になった時は、やっていないという判断になります。裁判でなくても、なんの客観的証拠もなしに請求されても、支払うことになることは少ないように思います。
したがって、証拠を相手にとられないように注意しましょう。不倫相手に残しておくことも危険です。妻(夫)にばらすぞと、言われているという相談もたくさんあります。

ご相談いただいた中で、よく見られる証拠は、多い順に、LINE→携帯メール→探偵の調査報告書→自白、現場の録音→Facebookまたはメッセンジャーです。最近は、LINEが圧倒的に多いです。なお、LINEトークを消してしまえばいいという問題でもなかったりします。LINEデータは、かなり暗号化されており復元が難しくなっています。ないがために、立証できないこともあるんです。キャリアを換えてLINEを引き継いだ後に、元のキャリアをオンラインにして、LINEを起動すると、元のキャリアのLINEデータは完全抹消されます。復元は、デジタルの専門家でも不可能のようです。いろいろ注意してください。

3. 証拠が無ければ、認めない方がいい

自白したことが録音されて、決定的な証拠になっていることもしばしばあります。
したがって、安易に認めることは危険です。やり直すつもりで、誠心誠意謝罪するという選択肢はあり得ます。しかし、離婚を決意しているのであれば、不倫を認めることは得策とは言えないでしょう。『他に好きな人できた、ごめん』『そっか』といって別れる、付き合っているだけ関係であれば良くある!?かもしれません。しかし、結婚と付き合いを同じような感覚にしてはいけません。

考えてください。人間は、極めて不合理な生き物です、なぜなら、感情が大きく行動を左右するからです。不倫を認めたことで、なんであなただけ幸せになるの、私は我慢していたのに相手は楽しんでいた、すぐに離婚したら相手の思い通りになってしまう、と強い強い反感をかってしまい、離婚協議において、決定的に不利になりかねません。

4. 慰謝料だけを払わない

不倫について、配偶者から、慰謝料を払えと言われるでしょう。そして、最終的に、離婚の際、いくらかをお支払いすることになる可能性は高いと思います。しかし、離婚とセットにして話を進めていく必要があります。慰謝料、財産分与、養育費を含めて、いくらくらいの支払いで離婚するのかという話をする必要があります。払ってしまった後に、払いすぎたから返してということはとても難しいです。また、自分から払うことは自分がすることなので決めるのは自分です。しかし、払ってもらうこと、相手に何かを求めることは簡単ではありません、たとえ、こちらがどれだけ正当であったとしても。

おわりに

自分が不倫しているが離婚したい、いわゆる有責配偶者からの離婚は、裁判で認められるのは難しいです。しかし、どのような状況であっても、離婚は、原則、本人またはその代理人弁護士と交渉し合意によって、するものです。離婚裁判は、一つの小さな武器に過ぎません。

弁護士に依頼するデメリットはやはり費用ということになるでしょう。決して安くありません。
しかし、ただでさえ離婚協議を自分でするのは難しいのに、自分に非があるとなったらとてもとても大変ですし、そもそも協議にならないことが多いです。離婚交渉にかかる大きなストレスと年単位の時間を考えると、離婚に強く、専門性を高めている当事務所にご依頼いただくことで、お金では代えられないものが多々得られると思います。時間をお金に換えることは出来ますが、お金を時間に換えることは出来ません。

あい湖法律事務所では、相手との交渉をしっかり行い、速やかな解決を目指しております。お電話でも結構ですので、ぜひ一度、当事務所にご相談下さい。

close