• 電話からのお問い合わせ フリーアクセス 0120-001-694 受付時間/月〜土10:00~19:00 定休日/日曜日・祝日
  • HPからのお問い合わせ
  • MENU

モラハラの意味

モラハラは、ドメスティックバイオレンス(DV)のように目に見える形で現れる暴力ではなく、日常的に繰り返される発言や行動による精神的な苦痛を与える行為です。もし今の状態が今後も続くようであれば精神的に耐えられない、と考えているのであれば一日でも早く離婚をしたいと考えている方も多いと思います。では、妻のモラハラが原因で離婚する場合、スムーズに離婚できるのか、離婚するためには具体的に何をどのように準備すべきなのか、詳しくご紹介致します。

妻によるモラハラの「証拠」を集めておく

離婚するためには被害者である夫だけでなく、モラハラ加害者である妻の合意が無ければ離婚できません。または、モラハラ妻の行為が「法定離婚事由」であると認められない限り裁判をおこしたとしても、判決によって離婚することはできません。

そのため、まずは妻や夫以外の第三者が見ても分かるような決定的な証拠を集め、離婚したい理由を理解してもらう必要があります。ここでいう第三者というのは、家庭裁判所における調停員や裁判官にあたります。言葉でいくら、モラハラ妻に精神的なダメージを与えられた!と訴えても証明することは難しく、信じてもらえないことが多いからです。

特にモラハラ妻の特徴として、夫以外の人がいる前では「献身的でしおらしい妻」を演じている場合が多いからです。夫以外の人には、良い妻として見られているため家族や友人にどんなに訴えても信じてもらえない場合が多いのです。

法定で有効になる証拠とは?

裁判所などの法定で、有効となる証拠にはモラハラを受けている時の言葉を録音したものや、妻による暴言が含まれたメールやLINEのやりとりなどが挙げられます。例えば「あなたはこんなこともできないの?このクズやろう」などと言われた内容を、録音しておくことでその音声が立派な証拠になります。その他にも、モラハラを受けた場所や内容を記した日記も有効な証拠の一つとなります。もしも、モラハラによるうつ病を発症して精神科や診療内科での診断書があれば十分な証拠として残すことができます。

離婚について話し合いをする

モラハラ妻と2人で離婚について話し合いが成立し、双方の合意が得られれば弁護士に依頼する必要はありません。ただ、モラハラ妻が離婚に応じない場合や、妻から不当や要求をされる場合は、家庭裁判所での「調停離婚」を申込みます。調停離婚の場合は、モラハラ妻と被害を受けた夫がそれぞれ、調停員がいる部屋に呼び出され言い分を伝えることで、夫婦の間に入り、中立的な立場で判断し今後、どうしていくか進めていきます。

もし、家庭裁判所での調停離婚でも離婚が成立しない場合、次は裁判所での「裁判離婚」を行います。裁判を申し込む場合、モラハラ妻であるという決定的な証拠が認められ夫婦生活を維持するに困難な程度であると認められば、離婚できるだけでなく相手に慰謝料を請求することもできます。裁判まで話しを持っていき、確実に離婚したいと考えているのであれば確実な証拠を準備しておくことが必要不可欠になります。この証拠集めができるかどうかで、判決の有無が決まるといっても過言ではありません。まずは、モラハラ妻に気付かれないように証拠集めをしていくことが大切です。

専業主婦の妻から慰謝料を請求できる?

もし離婚することになった場合、モラハラ妻から慰謝料を請求することはできるのか、気になっている方は少なくありません。特に夫が仕事をしてお金を稼いできている、妻は専業主婦というケースにでも慰謝料請求できるか疑問に思う方も多いです。結論からいうと、妻が専業主婦であっても妻が配偶者である夫に対して、違法な権利侵害行為を行った場合、慰謝料の請求をすることができます。ただし、離婚するとなれば離婚後の生活費が苦しくなったり、子供がいる場合、親権はどちらが持つのか、養育費の支払いについても考えなければなりません。そうなると、今まで一生懸命働いてきた夫は、妻に慰謝料の請求をすることができても、その後の子供の養育費の支払いを命じられるなど、夫にとっては不利な条件になってしまうこともあります。

第三者である弁護士に相談を!

まずは、すぐに離婚を切り出すのではなく、弁護士などのプロに相談することが大切です。今すぐに離婚をしたい、と切羽詰まった状況の方は特にこうしたモラハラに特化したプロに相談することで、スムーズに離婚できる方法を提案してくれます。また妻との話し合いが難しい場合、妻に合わずに第三者である弁護士が代わりに相談にのってくれるので、妻とは直接話をしなくても離婚することができます。

もし、離婚する場合にどうしてもモラハラ妻から、慰謝料を請求したいということであればどのような手順で話しをすれば良いか、弁護士に相談することが大切です。相談するだけならそれほど費用がかかることはありません。実際に弁護士に相談をして、費用が発生するのは裁判で離婚が成立した場合や慰謝料請求が認められた場合など、成功報酬として支払うことになるので費用が気になって相談できずにいる方も一度、無料相談などを通して今の状況を客観的に見てもらうことが大切です。

まとめ

モラハラ妻と離婚したい、と思ったらまずは気付かれないように慎重に「証拠集め」を始めることが重要です。そして第三者にも分かるような内容を揃えること、確実に離婚するためにも法的に認められる形で残すことでスムーズに事が進みます。もし2人では話し合いにならない時には、弁護士に相談して家庭裁判所での離婚調停、離婚裁判へと進んでいきます。一人では何をしたらいいか分からない方は、まず弁護士に相談することで離婚するための具体的な方法が見えてくるはずです。

close