• 電話からのお問い合わせ フリーアクセス 0120-001-694 受付時間/月〜土10:00~19:00 定休日/日曜日・祝日
  • HPからのお問い合わせ
  • MENU

モラハラを受けたら、まずは弁護士へ相談を

夫・妻から、人格否定やコミュニケーション拒否、嫌がらせ等の「モラハラ」を受けている場合は早い段階で弁護士へ相談してください。モラハラの多くは家庭内で起こるために周りの人が気づきにくく、被害が発覚しにくいです。加えてモラハラ被害者は辛抱強くて、「こうなってしまったのは自分のせいだ」「もう少し様子を見てから考えよう」と自分1人で問題を抱え込んでしまい、大事になるケースもあります。

そもそも相手から精神的被害を受けて離婚を考えるということは、かなり深刻な状況です。中には親しい友人や家族へ相談する方もいらっしゃいますが、モラハラ夫・妻は自分だけのルールを持っているため一般的な考えが通用せず、話し合いが全く進まないことも珍しくありません。また、相手に離婚を持ち掛けた時点で逆上され、被害がエスカレートすることも考えられます。モラハラは特殊な案件であるため、身内だけで解決しようとせず、法律や離婚に関する知識・実績が豊富な弁護士に依頼してください。

モラハラ離婚を弁護士に相談するメリット

相手と顔を合わせずに手続きができる

相談を受けた弁護士がモラハラ被害者に代わって交渉や手続きを進めますので、当事者が直接顔を合わせることはありません。もし弁護士を介さず離婚を成立させる場合は、夫婦での話し合いが必要となります。
ただ、モラハラ被害者にとって「相手と顔を合わせる」という行為は大きな苦痛・ストレスであり、相手への恐怖心からまともに話し合いすらできないといった方もいらっしゃいます。ですが、弁護士が介入することによって当事者同士が直接的な接触をすることなく、離婚を成立させられます。

不当な条件での離婚を回避できる

モラハラ夫・妻は、たとえルールや言い分が法的に誤っていることであっても、自分が正しいと感じれば頑なに意見を曲げようとしません。
それに加えて、両者の力関係が圧倒的に違うため、モラハラ被害者は相手から不当な条件で丸め込まれることもあります。
しかし、弁護士が介入することによって、相手の感情論や間違った意見に流されることなく、むしろ有利な条件で離婚手続きを進められます。

特に離婚調停や訴訟の際は、弁護士がモラハラ被害者に代わって適切な証拠を集めて主張を行います。ゆえに、相手よりも有利な状態で離婚成立となる可能性が高いです。
また、モラハラをする男性は有力者に弱い傾向にあります。モラハラ被害者の妻には強気に出ていたとしても、弁護士が交渉することであっさりと条件を承諾することも珍しくありません。

精神的な安定が得られる

モラハラ被害を受けると常に恐怖や苦痛にさらされ、精神的に不安定な状態に陥りやすいです。頼れる相手もいないような状態が続くと酷いうつ状態になりやすく、相手へ反抗する気力や体力が削がれてしまいます。
しかし、モラハラや離婚についての知識・理解がある弁護士が付くことによって安心感を得ることができます。

さらに、手続きを進めていくなかで「これまでの苦痛は自分のせいではなかった」と気付くことができ、心にあった大きな不安を軽減することも可能です。
精神的に安定すると酷い落ち込み・うつ状態が改善するケースもあり、相手との裁判や離婚手続きに備えられます。

離婚成立までが早い

当事務所は、解決までに多くの時間を要す裁判を起こさずに「交渉」で早期解決を目指します。
しかし、モラハラ夫・妻は自身が正しいと思い込んでおり、話し合いや提示した条件を拒否することがあるのです。もし素直に「離婚に応じます」との返答をもらえない場合は、離婚調停や訴訟といった裁判所で争うことを見据えての準備・段取りを組んでいきます。

個人で裁判を起こすとなると、「どのような証拠が必要なのか」「離婚調停の手続きはどのように進めればいいのか」等さまざまな疑問や不安が生じるかと思いますが、キャストグローバルでは弁護士が代理で手続きを進めます。出来る限りスムーズに離婚成立まで進めていきますので、安心してお任せください。

さらに、協議離婚や離婚調停の申し立て等、状況によって弁護士が最適な手続きを選択します。個人の判断で適切ではない選択をしてしまうと、離婚成立までの期間が長引く、両者の問題がよりこじれるといったトラブルが発生しますが、弁護士が介入することで、このような問題に頭を悩ませることがなくなります。

別居先を知られずに済む

モラハラが酷い場合、相手と離れるために別居される方がいらっしゃいます。しかし、モラハラ夫・妻が「別居先を知らせないのであれば離婚はしない」等の条件を提示し、離婚がスムーズに進まないケースも珍しくありません。仮に別居先の住所を知られてしまった場合、モラハラ夫・妻が自宅まで押しかけてくる可能性が高いです。その点、弁護士には「守秘義務」といって、たとえ弁護士を辞めたとしても職務上で知りえた情報を口外しないという規則が設けられています。もしモラハラ夫・妻に別居先の住所を公開しろと迫られたとしても、これまでの実績と経験を活かして交渉を進めていきます。

キャストグローバルがあなたをお守りします

キャストグローバルには、離婚問題に強い弁護士が在籍しています。これまで2,000件以上もの相談に対応しており、そこで得た知識・経験を活かして皆様を徹底的にサポート。
モラハラは一般的な夫婦喧嘩とは違い、被害者には離婚するまで苦しみがつきまといます。また、お金と感情が絡むために事態が複雑化しやすく、離婚成立までが長くなるケースもあるのです。モラハラにおいては手続きが長引くほどに被害者の精神的ダメージが大きくなってしまうため、キャストグローバルでは迅速・親切・丁寧をモットーに、スピーディーな対応・交渉を心がけております。

オフィス内にはお子様用のアニメ・おもちゃを用意しているほか、プライバシーに配慮した完全個室の相談室を完備。弁護士以外の第三者に内容が漏れるといったこともなく、安心してお話していただけます。
当法律事務所は「東京 大手町」「滋賀 大津市」「大阪 高槻市」の3地域に事務所を構えており、主要駅から徒歩4分とアクセスしやすい立地にございます。電話相談であれば無料で対応いたしますので、1人で抱え込まずにキャストグローバルまでご連絡ください。

close