• 弁護士による電話無料相談 フリーコール 0120303562 受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし
  • HPからのお問い合わせ
  • MENU

離婚・慰謝料解決事例紹介

当事務所で解決した離婚・慰謝料事例の一部のご紹介となります。

男性
性別:
男性
年代:
20代
子ども:
あり

妻が自分の友人と浮気した

決定的な証拠があること
友人であり結婚していることを知っていること
があり、浮気に対して慰謝料を払わないといけないことは認めてもらいました。

あとは、
その金額と今後友人関係をどうするかです。

なかなか難しい交渉となりましたが、なんとか解決に至りました。

男性
性別:
男性
年代:
20代
子ども:
なし

堕胎した慰謝料を請求しはらえ

ほんとうに妊娠したのかというところから確認することとなった。
そもそも、妊娠じたいは、慰謝料が発生するものではない。
ということを
しっかりと相手に伝えて交渉にあたる。

男性
性別:
男性
年代:
40代
子ども:
あり

出会い系で知り合った女性から脅迫を受けている

出会い系で知り合って
妻帯者であることがバレて脅されるという話を
ちょくちょく聞きます。

警察の介入を示唆しながら
粘り強く交渉し、今後二度と連絡しないということで解決しました。

女性
性別:
女性
年代:
20代
子ども:
なし

相手の妻から慰謝料請求をされた

たった一度の関係だけで
300万円は高いとの印象です。

慰謝料じたいの支払う意思がおありでしたので
減額交渉を致しました。
60万円の支払いで解決しました。

男性
性別:
男性
年代:
60代
子ども:
あり

妻が突然家を出ていき、調停を起こされた

調停にて経緯を把握し、調停外でも交渉しました。

依頼者は、離婚じたいを拒否していたのですが
相手の変わらない決心に負け、離婚をすることに。

ただし、
離婚条件は大幅に当方が有利にできました。

離婚を求めてくる相手の決意を変えるのは難しいです。
特に、女性は、とことん考えて、離婚を求めてくる傾向にあり
決意を変えることはほとんどないですね。
一方で、男性の場合、しばしば変わります。

女性
性別:
女性
年代:
30代
子ども:
あり

夫が突然家を出て行けと言い出した

家を売却するとのことでしたので
早急に交渉を試みました。

しかし、時すでに遅し、
すでに売却しており、登記もされていました。

引渡し期日が決まっていたので
不動産屋を巻き込んでの交渉となりました。

引越費用を含めた慰謝料しはらうことで合意に至りました。

男性
性別:
男性
年代:
40代
子ども:
あり

妻の浮気が発覚、相手が許せない

決定的な証拠があり
相手方も支払う意思を示しました。

しかしながら
当方の依頼者は、高額でないと許せない
たとえ裁判で認められなくても
払えないなら裁判したいとの希望。

相手と当方との合意点がみつかり
分割で一定程度の金額を確保できました。

男性
性別:
男性
年代:
50代
子ども:
あり

不倫相手から慰謝料を払わないと妻にばらすと脅されている

しばしばある話です。
こちらに弱みがあり、なかなか強硬な手段をとれない方が多いです。

しかし、
強迫に屈しては、永遠にお金を貪り取られます。

我々が、相手と交渉し、今後一切連絡を取らないということで解決しました。

男性
性別:
男性
年代:
40代
子ども:
あり

妻の浮気が発覚、相手から慰謝料がとりたい

弁護士名での内容証明を送付すると
相手から連絡あり。

浮気を認めるが、金銭的に余裕がないとの回答でした。

しかし、粘り強く交渉し
時間はかかりましたが、150万円獲得できました。

女性
性別:
女性
年代:
20代
子ども:
なし

夫の浮気を発見、慰謝料をとって離婚したい

旦那様は、浮気じたいを認めておられました。
当初は、離婚じたいを拒否しておられましたが、交渉を進めるうちに
離婚に同意。慰謝料100万円、住宅ローンの残りも支払う等
多少の譲歩はありましたが、こちらの要望がほとんど通りました。

1 2 3 4
close