• 弁護士による電話無料相談 フリーコール 0120303562 受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし
  • HPからのお問い合わせ
  • MENU

離婚・慰謝料解決事例紹介

当事務所で解決した離婚・慰謝料事例の一部のご紹介となります。

女性
性別:
女性
年代:
20代
子ども:
なし

浮気相手の妻から慰謝料を求められた

まず、ご自身の過程がどうなるかが重要です。
依頼者には、旦那様と話し合ってもらい
ある程度の話が出来たところで、来所頂き
依頼者、その旦那様、弁護士とで話し合い。

依頼者側は、離婚はしないということになりました。

その結果を踏まえて
相手と交渉開始。相手も弁護士に依頼することに。

互いの慰謝料を考慮して、結果は記載できませんが
依頼者の納得が得られる解決ができました。

女性
性別:
女性
年代:
40代
子ども:
なし

夫が職場の同僚と浮気、相手から慰謝料を求められた。

相手に対して、受任通知を送ったところ
相手も弁護士に依頼。

依頼者の夫は、相手に対して、プレゼントや手紙を送っており
その内容から・・・・・

詳細は記載できませんが

なんとか支払わない解決ができました。

女性
性別:
女性
年代:
30代
子ども:
なし

離婚したいが夫が離婚してくれない

旦那様に連絡し、交渉を開始しました。

当初は全く聞く耳を持ってくれませんでしたが
時間をかけて話し合いました。

前進するも合意には至らず
相手の要望もあり、調停の場で話すことに

調停前の話し合いが十分にあったこともあって
2度の期日で合意し、離婚が成立しました。

男性
性別:
男性
年代:
30代
子ども:
なし

離婚した後に、離婚前の浮気を発見

相手方を特定し、妻と共に内容証明郵便を送付する。
二人とも同じ弁護士に依頼し、その弁護士から連絡があった。

浮気を認めつつも、すでに夫婦関係は破たんしていたと
夫婦生活について主張があった。

長期間、顔も会わせず、互いに独立した生活を送っていたようで
家庭内別居だったようである。

依頼者も、そのことを認めており、
夫婦関係が破たんしていた可能性があった。

しかし、
なんの慰謝もなく解決することはできないと

交渉を続けて慰謝料を獲得しました。

男性
性別:
男性
年代:
50代
子ども:
あり

妻の浮気が発覚、相手は子どもの友達の親だ

相手に対して、法律事務所と分からない封筒で連絡文書を発送。
すぐに、相手から連絡がありました。

相手は、初めから謝罪し、慰謝料を支払うことに同意。

あとは、金額の交渉となりました。

相手も家族にばれたくないという思いもあり、多額の慰謝料を支払ってもらえました。
結構、へそくりをお持ちでした。

女性
性別:
女性
年代:
40代
子ども:
あり

相手の妻から1500万円の請求がきた

当職が相手に連絡すると
相手も弁護士に依頼されました。

1500万円という金額はあまりに高額であることは
当然のことで、弁護士であれば無理なことをご理解して頂いています。

したがって
300万円程度にはすぐに減額。

もっとも
慰謝料以外の条件も直接の謝罪等々なかなかのもので
お互いの主張はかけ離れていました。

長期間の話し合いで、互譲を引き出すことが出来、解決しました。

男性
性別:
男性
年代:
30代
子ども:
あり

子どもができなくて離婚を求められた

依頼者様の話をじっくり聞き、思いを教えて頂きました。
その上で、奥様のお話をもじっくり聞きました。

当職を入れての、3者での話し合いもして
離婚をすることになりました。

ただし、財産分与等の離婚条件は大幅に
奥様が譲歩し、慰謝料も支払ってもらうことになりました。

互いに納得が得られた解決となりました。

女性
性別:
女性
年代:
40代
子ども:
あり

浮気相手の妻から慰謝料請求された

次の郵便が届いて、夫にバレたら、大変なことになります。

我々、弁護士に依頼頂くと、連絡はすべて当事務所に来ますから
ご自宅に郵便が届くことはなくなります。

不貞行為は認めつつ
支払い能力を理解いただくように交渉を進め
低額の慰謝料を支払うことで解決しました。

男性
性別:
男性
年代:
20代
子ども:
あり

妻が浮気、相手に慰謝料を請求したい

すべての相手の属性を調べ、交渉する相手を厳選する。

特定ができない人や資力がない人はとりあえず除き
全員に一斉に内容証明郵便を送付する。

弁護士に委任する人、直接交渉する人とがでてきて
一人一人から慰謝料を獲得し解決。

離婚については、ご自身でなされるということでした。

女性
性別:
女性
年代:
20代
子ども:
なし

婚約破棄による慰謝料を請求したい

婚約したことは疑いようありません。

不当破棄であること、当方の現状を理解頂き
しっかりと責任をとってもらいたいと交渉。

多額の慰謝料を支払うことで解決しました。

1 2 3 4
close